日次資金繰り表の重要性

日次資金繰り表の重要性

Share This:

一般的に「資金繰り表」というと月次資金繰り表を思い浮かべます。
金融機関からの新規借り入れの際や月次や四半期での状況説明に要求されるのも、このタイプです。

月次資金繰り表は月単位の収支が把握でき、自分の会社の資金繰りの傾向を把握し、また将来の資金繰りを予測することができます。
月ごとの入出金の状況がわかり、月末残高がマイナスまたはそれに近い状況になるタイミングがあれば、そうならないように資金確保に動く必要があります。
売上の季節変動や消費税など税金納付のタイミング、賞与の支払い時期など特に影響を及ぼすタイミングは注意する必要があります。

作成の方法としては、現預金の実際の動きを元に綿密に作成する場合と、月次試算表を元に作成する方法があります。
Googleなどの検索で「資金繰り表 作成」と検索すれば、多くのExcelのテンプレートがヒットします。これらを利用して作成している方も多いのではないでしょうか?

しかし、月次資金繰り表だけでは、ピンポイントに「◯月◯日に資金が不足する!」などの情報はわかりません!

月次資金繰り表では問題ない月であったとしても月中のあるタイミングで一時的に資金が不足する場合もあります。

資金が潤沢な企業では起こり得ないかもしれませんが、中小企業や個人事業主にとっては死活問題です。

場合によっては、取引先に入金日を早めてもらったり逆に支払い日を遅らせてもらうことも必要かもしれません。

そのような事が起こらないように日次資金繰り表(日繰り表)が必要になってきます。

インターネット上に出ているような情報では、「資金的に逼迫している企業は月次資金繰り表だけではなく、日次資金繰り表を作成する必要がある!」と記載されている場合が多いです。

しかし、本当にそうでしょうか?

そもそも逼迫した状況になってからでは遅いです。また、なぜそのような書き方になるかというと、

「日次資金繰り表の作成は負担が大きいから」

ではないでしょうか?

では、その負担を最小限に抑えることができたら?普段管理している支払い予定とリンクさせて即時に作成することができたら?

Gurinosukeはそれを可能にしました。

支払い・入金時の確実な完了処理と繰り返し作成機能やデータアップロード機能を利用した入出金予定の登録をおこなうことで、

「1年後の◯月◯日の残高予測」が簡単に確認できます。当然、その日が先になればなるほどイレギュラーも発生するわけですが一定以上の精度になってきます。

ぜひ、Gurinosukeの資金繰り表作成機能をお試しください。

Share This: