「問題の原因を深く掘り下げて解決に導く!」なぜなぜ分析の実践方法

「問題の原因を深く掘り下げて解決に導く!」なぜなぜ分析の実践方法

Share This:

ユーザー登録不要!今すぐWeb上で「なぜなぜ分析」を作成するには、こちらから

 kikaku-tree.com
Page Not Found
https://kikaku-tree.com/light/5way
「なぜなぜ分析」は、ある問題とそこから発生している事象について、それを引き起こしている「なぜ(why)」を提示し、更にその「なぜ(Why)」の要因となっている「なぜ(Why)」を提示するということを繰り返すことによって、根本的な問題点、解決しないといけない要点を...

「なぜなぜ分析」は、ある問題とそこから発生している事象について、それを引き起こしている「なぜ(why)」を提示し、更にその「なぜ(Why)」の要因となっている「なぜ(Why)」を提示するということを繰り返すことによって、根本的な問題点、解決しないといけない要点を発見するというもので、トヨタ生産方式の代表的な手法の一つです。

また、問題を論理的に深く掘り下げて、表面上だけでなく根本的な部分から問題を解決するための手法である「なぜなぜ分析」は、製造現場だけでなく、あらゆる場面で利用できます。

課題の原因を深く深く掘り下げる!なぜなぜ分析の実践と注意点

大人が何かを言うたびに子供が「なぜ?」「どうして?」と問いかけてくるようなイメージで進めていく、なぜなぜ分析ですが一見簡単そうに見えて深く掘り下げて、的確な回答、対策にたどり着くにはコツが必要です。

まず、最初の課題を記入する段階で出来るだけ事実関係を整理しておく必要があります。

なぜなぜ分析は、掘り下げていく過程では、仮定に基づいて推測することも発生してきます。しかしできる限り事実に基づく仮定でなければ、荒唐無稽な分析になりかねません。

また、各段階の「なぜ」は具体的かつ明確にイメージできるものである必要があります。

ビジネスの現場では、あえて曖昧な表現を使用する場面もありますが、なぜなぜ分析を行う際には、そういった表現は避ける必要があります。どうとでも取れる曖昧な回答にたどり着いたとしても、それは具体的なアクションには繋がりにくく、またアクションを起こしたとしてもピントがずれたものになりかねません。

「なぜ」を掘り下げて導き出す解決策は、「仕組み化」できるものにする必要があります。解決策が「頑張る」や「諦めない」「しっかり確認する」では、気落ちが続かない場合に同じ問題を繰り返してしまいます。

「確認項目をチェックリストにまとめて」「複数人でダブルチェックする」など、仕組みとして対応ができる解決策を導き出しましょう。

なぜなぜ分析は、形骸化しようと思えばいくらでも形だけのものにすることができます。分析する立場の人間が具体的になるように特に意識して進めていく必要がありますね。

なぜなぜ分析のまとめ

なぜなぜ分析は、製造業の現場を中心にビジネスのあらゆる場面で用いることができます。

ビジネスをやっていく中では予期せぬエラーや、問題に直面します。そういった際に思考を放棄することなく、「そのエラーはなぜ発生したのか?」「今後同じような問題を生じさせないようにするにはどうしたら良いのか?」を、なぜなぜ分析を用いて洗い出すことで具体的な解決に繋げていくことができます。

また、ビジネスに限らずプライベートな問題の対策を検討するのにも役立ちますね。プライベートな問題には、つい曖昧な対策やアクションを後回しにして大きな被害に繋がってしまうことも起こりがちです。

なぜなぜ分析をそういった場面でも利用することができれば、被害が大きくなることもなく同じ問題を繰り返すことも減りますね。

なぜなぜ分析を作成するなら「KIKAKUNOKI」

ビジネスフレームワーク作成サービス「KIKAKUNOKI」では、面倒な手間をかけることなく、WEB上で簡単に、なぜなぜ分析を作成することができます。

作成した「なぜなぜ分析」はWeb上で保存・編集でき、PDFや画像形式で出力することもできます。

無料プランでも、他のフレームワークと合わせて5件まで作成することが可能です。(有料プランでは無制限)

ぜひ、一度お試しください。

Share This: