「マーケティングの基本ツール!」SWOT分析の正しい実践方法

「マーケティングの基本ツール!」SWOT分析の正しい実践方法

Share This:

ユーザー登録不要!今すぐWeb上でSWOT分析を作成するには、こちらから

SWOT分析は、企業経営や既存事業の現状把握を行うために使用する非常に人気のあるフレームワークです。

その活用機会は事業領域だけに止まらず、従業員個々の教育や、個人のスキルアップの課題抽出など多くの場面で活用されます。

自社や事業の状況を内部環境と外部環境に分け、それぞれの強みと弱みを洗い出すことで、ビジネスの新しい機会や課題改善に繋げていくことができます。

SWOTは、「強み(Strength) = 目標達成に貢献する企業内部の特質」「弱み(Weakness) = 目標達成の障害となる企業内部の特質」「機会(Opportunity) = 目標達成に貢献する外部の特質」「脅威(Threat) = 標達成の障害となる外部の特質」頭文字をとっています。自社を取り巻く環境による影響と、それに対する自社の現状を分析しながら、自社のビジネス機会を発見します。

SWOT分析の実践方法

SWOT分析の項目は以下の4つとなります。

①強み(Strength)

品質の高さや価格設定など、目標達成に貢献する企業内部の特質のことです。 ユーザーがなぜ他のサービスではなく、自社の商品、サービスを利用してくれるのかという、自社の長所の部分です。

②弱み(Weakness)

自社が苦手としていること、弱みについて分析します。コストの高さや設備の不足など競合と比較して足りていない部分や、広告戦略、営業体制など自社が競合と比べて弱点としている部分を漏れなく記入します。

③機会(Opportunity)

自社にとってビジネスチャンスとなるような環境変化、それに対する競合の対応状況など、目標達成に貢献してくれるであろう企業外部、環境的な特質となります。

④脅威(Threat)

自社の強みを打ち消してしまうような危険性のある環境の変化や、それに対する競合の対応状況についてを記入します。それらに対して、対応策を取ることも大事ですが、今存在している脅威を知ることで、それに対応する形での新たなビジネスチャンスに繋げることもできます。

SWOT分析のまとめ

SWOT分析で企業や事業の現状を把握したあとは、具体的なアクションを伴う戦略を策定する必要があります。

他のフレームワークにも言えることですが、分析だけで終わり具体的なアクションが伴わなければ、それはビジネスの発展には結びつきません。

SWOT分析は、一般的にも認知されており広く様々な場面で使われますが、分析止まりとなっている事も多く見受けられます。

  • どのように「強み」を活かすか?
  • どのように「弱み」を克服するか?
  • どのように「機会」を利用するか?
  • どのように「脅威」を取り除くか?

SWOT分析からより具体的な戦略に落とし込むには、TOWS分析(クロスSWOT分析)が使われます。

SWOT分析を作成するなら「KIKAKUNOKI」

ビジネスフレームワーク作成サービス「KIKAKUNOKI」では、面倒な手間をかけることなく、WEB上で簡単にSWOT分析を作成することができます。

作成したSWOT分析はWeb上で保存でき、PDFや画像形式で出力することもできます。

無料プランでも、他のフレームワークと合わせて5件まで作成することが可能です。(有料プランでは無制限)

ぜひ、一度お試しください。

Share This: