「Webマーケティング戦略に欠かせない!」AISASモデル分析の実践方法

「Webマーケティング戦略に欠かせない!」AISASモデル分析の実践方法

Share This:

ユーザー登録不要!今すぐWeb上で「AISAS分析」を作成するには、こちらから

「AISAS」とは、WEBマーケティングにおける消費者の各行動を表した用語です。インターネット検索などを利用した消費者が、ある商品を認知してから購買に至るまでのプロセスを「Attention(注意)」「Interest(興味)」「Search(検索)」「Action(購買)」「Share(情報共有)」に分けて考えます。

従来のマーケティングにおける基本原則として考えられていた「AIDMA」の「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(行動)」に代わり、Webの発展した現代の購買行動における特徴的なプロセスである「Search(検索)」「Action(購買)」「Share(情報共有)」を踏まえたモデルです。「AISAS」は株式会社電通の登録商標です。

AISASモデル分析の実践方法

AISASモデル分析は、以下の5段階それぞれに応じて、消費者とのコミュニケーションの目標を設定するものです。

また、既存商品の販売動向が思わしくない場合などには、AISASのどの段階で、問題が発生しているか検討するのにも有効です。

①Attention(注意・認知)

消費者がその商品・サービスを認知する段階です。

消費者が、テレビCMや雑誌・新聞・テレビ番組などのメディアでその商品について知ることから、一連の購買行動が始まると考えます。

近年では従来あるメディア媒体だけでなくSNSなどから「Attention」が発生することも多くなっています。

②Interest(関心)

消費者が、認知した商品に対して「その商品について詳しく知りたい」と考えるなど、自分自身に関連する事柄として認識する段階です。

③Search(検索)

「その商品について詳しく知りたい」などと考えた消費者が、自らの意思で積極的に検索エンジンなどを利用して、情報の収集にあたる段階です。

④Action(行動)

リアル店舗や販売サイトなどで、実際に商品を購入する段階です。

⑤Share(共有)

購入した商品について、自分が実際に使用した感想などを良い悪い問わずレビューしたり、主にSNSなどで共有する段階です。

従来は身近な人たちへの「口コミ」が頼りでしたがSNSの拡大に伴って、それが伝わる範囲や伝播速度が加速度的に広がりました。

消費者側の視点からも販売者側のPRよりも、同じ立場である他の消費者からのレビューを重視する流れも強くなっています。

AISASモデル分析のまとめ

20世紀末からの爆発的なインターネットの広がり、2010年代以降のSNSの拡大などで、消費者の購買行動は劇的に変化してきました。

その状況を有効利用することによって、小規模企業や個人事業主のように財務体質や設備が弱くても自社のビジネスを大きく広げていくことができます。

起業のアイディアを閃いた際、また既存のビジネスの伸び悩みを感じたときAISAS分析を活用することで活路が開ける可能性が上がります。

AISASモデル分析を作成するなら「KIKAKUNOKI」

ビジネスフレームワーク作成サービス「KIKAKUNOKI」では、面倒な手間をかけることなく、WEB上で簡単に、AISASモデル分析を作成することができます。

作成した「AISASモデル分析」はWeb上で保存・編集でき、PDFや画像形式で出力することもできます。

無料プランでも、他のフレームワークと合わせて5件まで作成することが可能です。(有料プランでは無制限)

ぜひ、一度お試しください。

Share This: