「効率的な業界分析で競争要因を把握する!」はじめての5フォース分析

「効率的な業界分析で競争要因を把握する!」はじめての5フォース分析

Share This:

ユーザー登録不要!今すぐWeb上で「5フォース分析」を作成するには、こちらから

5フォース分析とは、経営学者マイケル・ポーターが提唱した業界の競争要因の分析のためのフレームワーク です。

「売り手の交渉力」「買い手の交渉力」「業界内の競争」「新規参入業者の脅威」「代替品の脅威」という5つの競争要因が業界全体の収益性や魅力を決めるというものです。5つの力が強ければ強いほど業界に参入した場合の収益は低く、参入する魅力のない業界ということになります。

5フォース分析の実践方法

5フォース分析

5フォース分析で挙げられている5つの競争要因について説明していきます。

①売り手の交渉力

ここで言う「売り手」とは、自社への原材料などの提供元です。

製品を作る際には、材料やサービスを仕入れ・調達する必要があります。この売り手が、自社と比べて圧倒的に立場が強い場合や、その材料・サービスを提供する企業が少ない場合は少しの外部環境変化で原価に相当するコストが高くなります。それにより収益性が悪化する可能性が高まります。

②買い手の交渉力

ここで言う「買い手」とは、自社の製品・サービスなどを購入する取引先です。

自社が提供する商品・サービスが圧倒的な大手企業などの場合、この買い手企業の価格交渉力は強くなります。

また、自社の製品・サービスが他者の同種のものと差別化がなされていない場合や乗り換えに要するスイッチング・コストが低い場合にも、「買い手」の交渉力が強くなります。そういった条件では、自社製品は本来想定していた売価で提供することができなくなり利益圧迫の要因となります。

③業界内の競争

自社や自社の提供する製品・サービスが存在している業界にライバルとなる企業が多い、またはライバルとなる企業が自社よりも強い状態にあるかということも、業界への参入を検討する重要な要素となります。またライバル会社が他者が真似できないような強みを持っていたり、業界全体の成長スピードが遅い場合などは、特に競争が激しくなりやすいと言われています。

④新規参入の脅威

市場への新規参入については、先行企業が優位なのか、後から参入した企業の方が有利なのか論じられることがありますが、一般的には、先行した企業が優位と言われています。しかし、これには「強い参入障壁」を確立できているという点が条件となります。

  • 規模の経済によるコスト抑制
  • ブランドの圧倒的な認知
  • 豊富な資金力

これらの状況から自社にとって参入する魅力がある市場かを検討する必要があります。

⑤代替品の脅威

「代替品の脅威」とは、対象となる製品やサービスが他のより優れたもの(=代替品)に奪われる脅威のことです。より価格の安い製品やクオリティの高いサービスが登場し、乗り換えに要するコストを上回る価値があると消費者が考えた場合は顧客が代替品へ流れていきます。

5フォース分析のまとめ

新しい事業に取り組む場合、または既存事業の根本的な見直しを迫られている場合など5フォース分析を行うことで、リスクの洗い出しを行うことができます。

競争要因は日々変化しており、5フォース分析も一度行っただけでは最新の状況に対応できません。定期的に見直し作成し直すことで自社の置かれている環境を客観視する必要がありますね。

5フォース分析を作成するなら「KIKAKUNOKI」

ビジネスフレームワーク作成サービス「KIKAKUNOKI」では、面倒な手間をかけることなく、WEB上で簡単に、5フォース分析を作成することができます。

作成した「5フォース分析」はWeb上で保存・編集でき、PDFや画像形式で出力することもできます。

無料プランでも、他のフレームワークと合わせて5件まで作成することが可能です。(有料プランでは無制限)

ぜひ、一度お試しください。

Share This: